日本の水がおなたの健康を損なっているとしたらどうしますか?

今日は大切な水の話です


事実報道からシェアです。



「やっぱり水道水があなたの健康を損なう」


水道水には塩素が入っている。
しかし塩素がどの程度含まれているか
把握している人は少ないだろう。

日本では水道法によって、水道水の殺菌のために蛇口から
0.1ppm以上の塩素濃度を保つことが決められている。

水道水1リットルの中に1mgの塩素が入っていると1ppmとなる。
何が問題かというと、「0.1ppm以上の部分」。
つまり0.1ppm以上はどれだけ濃くても構わない点だ。


ブロガーでもある「まきてぃ」氏が残留塩素試験紙を
使って各地の水道水の濃度を調査したところ、
東京、大阪をはじめとする大都市圏では
1.0~1.2ppmと高濃度の記録を示した。


地方都市においても0.6~1.0ppmであったことから、
日本全般において、残留塩素の濃度が高いことは間違いなさそうだ。


反対に地下水を水道水の原水にするヨーロッパ諸国では
塩素が注入されていないこともあり0.1ppm以下。
水道水が美味しくないとされる米国でも0.05ppm前後だそうだ。


日本は川の水を原水にすることが多く、その水が汚染されていることから、
浄水場において急速濾過方式という大量の塩素と
薬品によって水を浄化する方法が採られている。
そのため、日本の水道水は世界でも類を見ない高濃度の塩素濃度となっている。



「人体組織を破壊する」
問題は塩素そのものは安全なのかということだ。
塩素は食塩からカセイソーダを育成する際に、副産物として大量にできる。


「低コストで殺菌力も強いので、コレラや赤痢などの恐ろしい
伝染病を防ぐ役割には最適だった」と、
世間的にはこのように言われているが、本当に安全なのだろうか。


塩素の弊害の研究が進む米国では、さまざまな結果が報告されている。
例えば塩素が水と反応して次亜塩素酸が生じ、
続いて塩酸と活性酸素に分解するとこの活性酸素が
他の物質にたいして強い酸化作用を及ぼし、
殺菌あるいは漂白等の有益な作用を示す一方で、
細胞組織を破壊し人体に悪影響を及ぼすと言われている。


他にも塩素に触れることで、皮膚をはじめとする
あらゆる粘膜から水分が奪われ、肌の乾燥化やドライアイにもなりやすい。
また呼吸器系の粘膜を傷つけるとぜんそくなどの
呼吸器疾患をさらに悪化させることもあるそうだ。


こうした事例は枚挙にいとまがない。
わずか0.1ppmで菌を完璧に殺せる塩素が、
本当に健康的かつ安全とは言えない。日本の水道事情を直視し、
塩素を除去する何らかの対策を講じる必要があると思うのは本誌だけだろうか。


週間事実報道2022.3.31
====シェア以上====



体の6割が水でできていますから、
毎日の水がどれほど大切か
ということなのですが、
この水が世界でも類を見ない低水準であったとは。


添加物認可数世界一、
農薬使用量世界トップクラス、
精神病病床数世界一、
など言われているが
水においてもトップクラスのようです。


このような状況下で健康に生きるには
正しい情報をキャッチして
そして何を選ぶかしていかないと
後で後悔することになってしまいかねません。


努力して勉強していきましょう。



特別ウェビナー

「本当の健康生活って何?
〜自分と家族の健康を守るために〜」
講師 斎藤晃


健康情報があふれる中で
何が本当なのか?
何を信じれば良いのか?
ナチュラルライフの基本を
学べる無料ウェビナーです。


このような方におすすめ
・健康に気をつけているが
 情報があふれ何を信じたら良いかわからない
・薬や医療に疑問を感じる
・オーガニックに興味があるが何が本物なのか知りたい


日時
5月10日 火曜日 PM9:00〜10:30
参加費 無料
Zoom

要:申し込み
https://kingdomdiet.biz/fx/YTzMDG



◆講師プロフィール◆
自然食堂こひつじやbyハレルヤカフェ経営
書籍「神様が造られた大自然から学ぶ食と健康の話」著者
オーガニック、自然栽培野菜、発酵食を学び、
自然栽培野菜と食事術を使って
腸内細菌を覚醒して体内毒素を浄化させて
免疫パフォーマンスを最大化する
オーガニックライフ・コンサルタント



水のことですが

うちで取り扱っているのは塩素除去して
水素・ケイ素水を作る鉱石のスティックを
使用しています。
浄水器では塩素とりきれないので
浄水器で組んだ水を
大きな水ボトルに入れて
この水スティックを使えば
いくらでも安全で健康な水を
作れるのでおすすめです。


ではまた




コメント

非公開コメント

プロフィール

斎藤晃

【斎藤晃 プロフィール】
・自然食堂こひつじやbyハレルヤカフェ 
 オーガニック自然栽培・発酵自然食料理シェフ  
・ナチュラル系ヘルス&パーソナルケア代理店の経験があり
 その時に石油系合成界面活性剤の問題を学ぶ
・著書「神様が造られた大自然から学ぶ食と健康の話」
・ナチュラルシードマイスター協会認定 シードマイスター
  無肥料自然栽培・自然農法を学ぶ
・白井市にて自然栽培畑、米作りを三年間実践
  距離の問題によって断念、自然栽培普及側に専念することに決める
・「医者にも薬にも頼らない生き方」講座で自然栽培の先駆者
 河名秀郎氏より自然栽培・ナチュラルライフを学ぶ
・薬も検査もしない医師三好基晴先生に正当医学を学ぶ
 対症療法では治せない現代病を改善する根本的な方法を学ぶ
・妻のアトピーの悩み、また多くのお客様が
 アトピー、アレルギーで悩んでいる現実を知り
 根本的な改善方法を学ぶ
・日本ヘルスエキスパート認定ヘルスコーチ
 五万人に影響を与えた世界トップクラスの
 ヘルスコーチDr.ジョーンズより最先端予防医学を学ぶ
・バイオハック ヘルスコンサルタント講座
・量子力学・脳科学・遺伝子科学など現代科学を用いた
 マインドセットを学び、感情や意識、思考の領域を
 自分の意思でコントロールして
 健康状態に最善のパフォーマンスを与えるノウハウを取得する
・医療や対症療法の問題や代替医療の誤解、
 伝えられないマスコミの情報を踏まえ、
 多くの人に食と健康の本質を伝え
 一時的な表面上の健康ではなく
 根本的に問題を改善して病気を予防し、
 自然治癒力・免疫力の高い
 ナチュラルなライフスタイルを指導する。
 また健康は体だけではなく脳と心と魂の健康も大切と、
 意識や感情の領域も取り扱うトータルヘルスのエキスパート、
 マインドヘルスコーチとして活動中
・指導実績1000人以上
・実践者の80%が劇的な変化を体験
・半年で12kgのデトックスを実現
 
 
 
【自己紹介】
斎藤晃です。
現在、千葉県松戸市で
「自然食堂こひつじやbyハレルヤカフェ」という
オーガニックレストランと自然栽培野菜の販売、
食と健康のアドバイザーをしております。
 
日本食は世界に誇る健康料理でした。
食は人に良いと書きますしとても大切なものです。
しかし現在の日本はトップクラスの農薬大国、
また添加物の認可数世界一、
大量生産・大量廃棄で日本の食は崩壊しつつあります。
普通に生活してたら病氣になって当たり前の世界になってしまいました。
 
そして日本の医療は対症療法で症状を抑えることはできても、
根本的な原因にはアプローチせずにますます
日本の医療費は増え続け、
それでも病気はなくならないという現状です。
 
だからこそ、
「自然栽培の素晴らしさを、
また発酵食など日本食の素晴らしさを、
本物の食生活習慣を伝えていかなくてはならない」
という思いでお店を始め10年になります。
 
コロナ禍において
自分の免疫力があればウイルスさえも恐れることがない
とハッキリしてきました。
 
このような時だからこそ、
もっと多くの方に食と健康の本質をお伝えしていきたいと
最先端の予防医学と食生活習慣改善
アトピーの根本的改善、免疫力2倍プログラムなど
ヘルスコーチング活動をおこなっています。
 
食と健康の本質を多くの方に伝え、
関わる人たちの身体と脳とマインドがベストパフォーマンスへ変わり
健康で長生きし幸せなライフスタイルを送ることに貢献し、
生活習慣病が減り医療費が半分になり
鬱や自殺が無くなり
日本を明るく元氣にしていくことが私のビジョンです。
 

カテゴリー